Site menu:

カテゴリ

最近の投稿

最近のコメント

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 

facebookでも情報公開中!

過去の記事

第22回 加賀市選手権大会

平成最大の台風が去り、すっかり秋となりました。
「秋晴れ」と呼ぶにふさわしく澄み切った空の下で今年も加賀市選手権(通称 加賀選)が行われました。
今年は、高校生、大学生の参加が少なかったため、例年よりレベルが少し低めかな?と思われる種目がありましたが、金沢ACメンバーは大健闘でした。

金沢ACのMVPは、ハードル2種目制覇の堀田さんでしょうか。
400mHが1発決勝となり、体力温存できたことも勝因の一つ?
400mH後の110mHは、脚(腰?)があがらないかも・・・と心配していましたが、あれは誰がどう見ても圧勝でした。
あのスタートさえなければ、もう少しいい記録が・・・。え?このネタしつこい?(笑)

来年のマイルメンバー入りを想定して(??)専門外の100mに出場した宗玄クン。
100mのレースは、なかなかgoodでした。
が、専門の高跳びの記録が、少し残念な感じでしたか?
「走った後だったからバネが切れました」
という感想に思わず納得でしたが、それでもきっちり優勝した辺りは社会人の貫禄でしょうか。

そして大邊クン。
最ももどかしい思いをしたのは、彼だと思います。
能登ジュニアまでに走りを修正して、気分よくオフを迎えて欲しいですね。
走りを修正すれば、すぐに戻ると思うのですが。

競技を復活して2戦目の村木クンには、今後に期待かな。
ブランクがあってのレースですから、焦らず腐らずで頑張って欲しいですね。

ガラスの脚を持った三段跳びに出場した奥野くん。
いつもはケガでこの大会に出場できないようですが、今年は最後まで脚が持ってくれましたね。
予選は3位で通過したにも関わらず、決勝は4位とちょっと残念でした。

ちょりんこ個人としては、シーズンベストでシーズンを終えることが出来たので大満足です。
が、ここからもう一つタイムを伸ばすためには、加速走が必要だと強く感じた最後のレースでした。

ということで、今シーズン最後の試合になったメンバーがほとんど。
大きなケガもなくシーズンを終えることが出来てよかったです。
そしてレースが残っているメンバーは、これからどんどん寒くなって行きますがケガに気をつけて頑張って欲しいです。
最後になりましたが、わざわざ応援に来てくれたまこと様、どうもありがとうございました。

以下、結果をお知らせします。
メモってくれた大邊クン、どーもありがとぉ(^ー^)/

井上 100m 予選 11秒33(±0.0)
         決勝 11秒21(+1.5) 4位
大邊 100m 予選 11秒85(±0.0)
   200m 予選 23秒80(+0.5)
宗玄 100m 予選 11秒94(+1.4)
    走高跳 決勝 1m80 1位
村木 100m 予選 12秒15(+1.4)
堀田 110mH 決勝 15秒79(+1.2)
   400mH 決勝 56秒98
稲生 走幅跳 決勝 6m31(+0.9)
奥野 三段跳 決勝 13m58(+1.9) 4位
福村 100m 予選 12秒71(±0.0)
         決勝 12秒68(+0.8) 2位

■ムービー
男子100m予選
男子100m決勝
女子100m予選
女子100m決勝
男子200m予選
男子110mH決勝
男子400mH決勝
男子走高跳
男子走幅跳
男子三段跳

Leave a Reply